子育て費用は足りる? 妊娠中から始める「家計の見直し」ポイント4つ – 日刊アメーバニュース


子育て費用は足りる? 妊娠中から始める「家計の見直し」ポイント4つ
日刊アメーバニュース
先日妊娠が分かりました。今の仕事は産休を取る予定なのですが、復帰まで旦那の収入だけで生活できるのか不安です。わたしが仕事に復帰しても、子どもを保育園に入れたり、何かとお金がかかると思います。しかし、実際どれくらいお金がかかるのかも見当がつきません。

外食大手は、大事なものをそぎ落とし続けてきた – 日経ビジネスオンライン


外食大手は、大事なものをそぎ落とし続けてきた
日経ビジネスオンライン
店内には「お食い初め」や七五三祝いなど、日本の伝統的な慣習に則った行事ができるよう、専用の和食器やメニューをそろえている。「家族レストラン坂東太郎」などグループの他の業態では、子供が両親や祖父母にプレゼントする料理を作れる専用のキッチンを設けている店舗も ...

旬トレンド 手軽できちんと「お食い初め」 /東京 – 毎日新聞


旬トレンド 手軽できちんと「お食い初め」 /東京
毎日新聞
食べ物に困ることがないようにと願い、生後100日ごろの赤ちゃんに物を食べさせるまねをする儀式「お食い初め」が、旬トレンド2回目のテーマ。自宅で行うイメージがあるが、飲食店情報検索サイト「ぐるなび」のデータによると、最近は飲食店で祝うのがトレンドだ。【ぐるなび・鈴木 ...

「東北でパラリンピックのキャンプを」 – BIGLOBEニュース


「東北でパラリンピックのキャンプを」
BIGLOBEニュース
菅義偉官房長官は11日、九州7県の副知事と九州観光推進機構などの経済団体と首相官邸で面会し、熊本地震で落ち込んだ九州の観光産業の復興に向けた緊急要望書を受け取った。菅氏は「最も効果のある対応策でしっかりと支援していきたい」と述べ、政府が積極的に ...

and more »

「アカチャンホンポ」ニトリモール枚方、マタニティ・ベビー・キッズ用品【お店みせて!】 – 枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ)


枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ)

「アカチャンホンポ」ニトリモール枚方、マタニティ・ベビー・キッズ用品【お店みせて!】
枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ)
食い初め用の器など、行事ごとの品も扱っています。 アカチャンホンポ-16041996 お子さんがお生まれになった際や、誕生日などに最適な贈り物コーナーはコチラ。 アカチャンホンポ-16041963 贈り物をもらった際のお返しギフトも扱っています。 アカチャンホンポ-16041916

こどもの日のサプライズに 兜パイの予約受付中 – 神戸新聞


神戸新聞

こどもの日のサプライズに 兜パイの予約受付中
神戸新聞
出産祝いやお食い初めなど、祝いの席用に作られた大型の「明石鯛パイ」が評判だ。 「兜パイ」は、同じパイ生地の中に、子どもが好きなカスタードとチョコカスタードの2種のクリームを詰めて焼き上げた。クリームには平飼いニワトリの卵を使うなど、「子どもからお年寄りまで、安 ...

こどもの日のサプライズに 兜パイの予約受付中 – 神戸新聞


神戸新聞

こどもの日のサプライズに 兜パイの予約受付中
神戸新聞
出産祝いやお食い初めなど、祝いの席用に作られた大型の「明石鯛パイ」が評判だ。 「兜パイ」は、同じパイ生地の中に、子どもが好きなカスタードとチョコカスタードの2種のクリームを詰めて焼き上げた。クリームには平飼いニワトリの卵を使うなど、「子どもからお年寄りまで、安 ...

佐藤良子アナが第2子男児出産 – BIGLOBEニュース


佐藤良子アナが第2子男児出産
BIGLOBEニュース
日本テレビの佐藤良子アナウンサー(36)が14日に第2子となる男児を出産した。同局によると18日には退院し、母子ともに健康という。佐藤アナは2007年9月に同局社員と結婚し、2012年に離婚。同年11月に一般男性と再婚し14年11月に長男を出産した。[ 記事全文 ] ...

and more »

佐藤良子アナが第2子男児出産 – BIGLOBEニュース


佐藤良子アナが第2子男児出産
BIGLOBEニュース
やはりかなりのリスクを伴いますか? Q:お宮参り&お食い初めについて。 1月中旬に長男を出産しました。東北地方では温かくなってか... お宮参り&お食い初めについて。 1月中旬に長男を出産しました。 東北地方では温かくなってからお宮参りを行ったりすると思いますが皆さんは ...

and more »

子のお祝い、今も昔も「お赤飯」が定番なワケ – ガジェット通信


ガジェット通信

子のお祝い、今も昔も「お赤飯」が定番なワケ
ガジェット通信
また、生後100日目に行う「お食い初め」も同様の通過儀礼であり、やはりこちらもお赤飯でお祝いします。昔の人々は小豆の赤い色素に、厄除け・魔除けの力があると考えていたのだとか。日本人の「赤」への信奉は長い歴史を持っており、平安時代も宮中では節日に赤飯が供 ...